WEB TRANSLATION- Web翻訳・インバウンド対応 -

プロ翻訳と機械翻訳との役割分担で、
最適なWeb翻訳・インバウンド向けWeb対策をご提案

Web制作会社が翻訳事業を始めてしまった理由

当社はどこからどう見てもWeb制作会社ですが、各地の観光協会サイトや企業サイト等、多言語サイト制作に関するお仕事を多く請けさせていただいております。その際に、納得できる翻訳を納品できる体制にこだわったところ、いつでも集って打合せを行える佐渡島内の専属翻訳者による翻訳チームを作り上げることになりました。
また、理由は不明ですが、複数の優秀な翻訳者が佐渡島に集結しているという幸運もあり、一人、また一人と当社に腕利きの翻訳者が集ってきました。
当社はWeb制作会社ですので、毎日翻訳の仕事があるわけではありません。そういう日はECサイトのデータベース制作などを皆でやっています。
ですが、できれば彼女たちの真骨頂である翻訳の仕事に集中させてあげたい、そういう想いで、2017年より、当社の正式サービスとして「Web翻訳」を導入しました。

私たちがお勧めする新しいWeb翻訳・多言語サイト制作のカタチ

正式サービスとするにあたり、考え抜いたのは「私たちらしいWeb翻訳サービス」とは何かでした。
Web制作会社として、それなりに技術力に自信のある当社ですが、翻訳を専門で行う会社ではありません。そもそも、翻訳という仕事はいずれAI(人工知能)が行うようになると言われて久しい仕事です。
「Web制作会社の翻訳だからこそ」が見当たらなければ、早晩すたれてしまうでしょう。
そこで、私たちは人による翻訳と機械翻訳の役割分担に活路を求め、ディープラーニングによる機械翻訳技術に目をつけ、テストを繰り返して来ました。
私たちはディープラーニングによる機械翻訳の成長性を確信しています。同時に、当社に集う翻訳者たちの役割がまだまだあることも確信しています。
現時点(2017年11月)では、日本語から英語・中国語(簡体字)への翻訳は当社の翻訳者が行い、英語から他のアルファベット言語、中国語(簡体字)から中国語(繁体字)へはディープラーニングによる機械翻訳という役割分担をクライアントの皆様に選択肢の一つとしてお勧めしています。

翻訳の体制図

英語・中国語だけは当社の翻訳サービスをお勧めする理由

話者数の多い
中国語・英語では品質を重視

話者数が多い言語は、順に中国語、英語、スペイン語、ヒンドゥー語、アラビア語であると言われますが、中国語、英語を正確に翻訳し、正しいニュアンスで情報発信できていれば、大抵のユーザーに対して必要な情報を届けることができると考えております。
中国語、英語の翻訳については、当社の翻訳者による高品質な翻訳をお勧めしています。

翻訳精度が向上

日々進化を続けるディープラーニングによる機械翻訳ですが、日本語から他言語へと自動翻訳をする際に、現時点ではどうしても不正確な点が目に付きます。
当社の翻訳者が英語翻訳を正確に行ことで、そこから他の他言語への自動翻訳の品質をかなり高めることができます。
同様に、当社の翻訳者が中国語(簡体字)を正確に行うことで、そこから中国語(繁体字)への自動翻訳の品質を高めることができます。

SEOの面でも有利

ディープラーニングによる機械翻訳はコストパフォーマンスの面で大変優れていますが、技術としては閲覧時に自動翻訳をするものであって、多言語サイトが事前にコンテンツとして用意されているわけではありません。
そのため、検索エンジンにヒットさせ、閲覧者に来訪してもらう為には、しっかりと翻訳を行って、Webコンテンツとして準備しておくことをSEOの面からもお薦めしています。

当社の翻訳者紹介

H.Y 日本

同志社大学卒業。留学予備校での英文事務・通訳・翻訳、政治交流・国際会議コーディネーション、芸能団体での英文コレスポンデスンス・翻訳業務等を経て当社にて英語翻訳を担当。京都から佐渡島へ移住。

【特記事項】
ケンブリッジ英検特級(CPE)保有。

M.H アメリカ

アメリカ・ラトガース大学卒業。小学校と中学校での英語授業を長年担当しつつ、多種多様なカタログ、パンフレット、法的文書等の翻訳・ネイティブチェック業務を経験。当社にてネイティブチェックを担当。アメリカから佐渡島へ移住。

【特記事項】
教員資格保有(ワシントンDC教育委員会)、日本語会話の著書あり。

S.E 中国→日本

関西大学卒業、関西大学大学院公法学専攻博士課程前期課程修了、上場企業4社にて対中国貿易交渉、翻訳・通訳業務を経験。当社にて中国語翻訳を担当。佐渡島への移住を拒否し東京支社に所属する。

【特記事項】
国際法学修士号保有。

英語・中国語以外の翻訳についてはご相談ください

英語・中国語以外のプロ翻訳についても、提携翻訳会社をご紹介できますので、お気軽にご相談ください。

お問合せをする